201710.04

心理学を利用して効果的なLED看板を作ろう!

Post by delight

看板の役割とは、たくさんの人に見てもらい店舗まで足を運んでもらうことにあります。
初めて見る看板や、毎日見ている看板、ド派手な看板など様々な看板が世の中にありますが、
あなたが利用してみたいと感じるのは、どのような看板でしょうか。
今回は、効果的なLED看板を作るために知っておいてほしい心理学のお話です。

LED看板を作る時に参考となる心理学とは

ひとことで心理学とは言っても、人の心は千差万別です。
今回は、心理学の中でも人間の行動に関係する「行動心理学」についてご紹介しますので、
LED看板を作る時の参考にしてください。

ザイアンスの法則⇒何度もロゴを登場させよう

「繰り返し会えば会うほどその人と仲良くなる」というのが『ザイアンスの法則』(別名:単純接触効果)です。
自社店舗に使用しているロゴをLED看板に使用すると、店舗周辺をよく利用している人が何度も見ることになります。
店舗外の看板だけでなく店舗内にも簡易な看板を設置するのも効果的です。
さらに看板に加えて、チラシやダイレクトメールなどで複数の接点を作れば、利用してもらえる可能性が高まります。

ストループ効果⇒理解しやすい色を使おう

赤い文字で「青」、黄色い文字で「赤」、青い文字で「黄」と書かれていた時に、
何色で書かれているのかを瞬時に理解できずに戸惑ってしまうことがあります。
これは、同時に得た情報が混ざってしまって理解しにくくなるという『ストループ効果』によるものです。
私たちは、目に入った文字や色の意味合いについて無意識に考えています。
それがお互いに邪魔をしてしまうと、理解しにくくなり、分かりにくい・何を伝えたいか理解できない看板になってしまいます。
店名やロゴに無意識に連想しそうな用語は入っていないかを確認して、イメージしやすい色やデザインを選ぶようにしましょう。

カクテルパーティー効果⇒ターゲットを明確に

人ごみの中で自分の名前が呼ばれたことに気づくような場面があります。
多くの情報の中から、自分に関係あるものだけを見分ける・聞き分ける選別を『カクテルパーティー効果』と呼びます。
将来的な顧客を確保するためには、メインターゲットを設定して、その人が求めるデザインの看板にすると良いでしょう。
誰に向けた商品・サービスなのかを分かりやすく看板にキャッチフレーズとして掲載してみるのも良いかもしれません。

バンドワゴン効果⇒おしゃれな看板を作ろう

お店の雰囲気がおしゃれなカフェなどは、料理の味は普通であっても「美味しい」と感じてしまうようなことはないでしょうか。
「おしゃれだから」美味しい、と感じるのと同様に、
「長い列が並んでいるから」食べたいと感じてしまうことを、『バンドワゴン効果』と呼びます。
おしゃれでスタイリッシュなLED看板は、このバンドワゴン効果を味方につけることができるのではないでしょうか。
カフェやモダンなインテリアショップは、なるべくおしゃれな看板を作るように心がけましょう。

まとめ

今回は、心理学を利用して集客力のある看板を作るポイントについて紹介しました。
どのような人をターゲットにしているのか、新しく作った看板でどんな宣伝をしてほしいのかを
事前にしっかりと考えておくことが、看板の効果を上げることに役立ちます。

「まだどんな看板にしたいか考えていない」、「今の看板をとにかくパワーアップさせたい」
と考えているのであれば、ぜひ弊社までご相談ください。
満足のいく看板が完成するまで、全力でバックアップいたします。
もしデザインについてイメージしているものがあるなら、LED看板として実現するために、最適な計画をご提案します。
疑問点やお悩みなど、どんなことでもお気軽にご相談ください。

201710.03

LED看板はデザインにこだわろう!

Post by delight

視認性の良いLED看板とは、どのようなものなのでしょう。
ふらっと立ち寄った場所で、「気になるデザインの看板だから、試しに入ってみよう」と思ったことはありませんか。
よいデザインの看板は、注目を集めることで集客効果が見込めるのです。
今回は、LED看板で集客に繋がる良いデザインについての特集です。

目立つデザインは、目立つ色から!

目立つLED看板のデザインとして忘れてはならないのは、色の選択です。
色は濃淡だけでなく種類でも与える印象が大きくことなります。簡単にその効果について見ていきましょう。

暖色系

暖色系は、基本的に元気になる印象を見た人に与えます。

赤色

エネルギーに溢れている色。燃焼するイメージから活動的な印象を与えます。

ピンク

女性を引きつける色。愛情表現などの柔らかな印象を与えます。精神的な若々しさを表現するのにも使えます。

オレンジ

親しみやすさを感じさせる色。健康的で温かみのあるイメージを与えます。

茶色

落ち着いた色です。心を落ち着かせてゆったりとした気持ちにさせます。

寒色系

寒色系は、リラクゼーションなど癒しを与える色です。

・青色

男性を引きつける色です。精神を安定させて、集中力を高めます。

緑色

自然を想像しやすい色です。穏やかな気持ちを見た人に与えます。

紫色

大人なイメージの色です。緊張や不安を取り除いてくれやすい色です。

それぞれの色がもつ特徴を理解できると、例えば、
「大人向けで落ち着いたイメージの看板にしたい」という時は、紫色を使って雰囲気を表現して、
「自然体で過ごせるような看板にしたい」時は、緑色が目立つように配色する
といった使い分けができるようになります。

書体を選んでみよう!

LED看板のイメージは、看板に使用される書体によっても変えることができます。
それぞれの書体の特徴について見ていきましょう。

・ゴシック体

看板によく使われる書体の代表格です。
ゴシック体のもつ文字の読みやすさが好まれる理由です。
ほとんどの文字が同じ太さで書かれるので、遠くから看板を見た時に見やすく感じます。
ポップで洋風な印象を与えます。

・明朝体

止めやはねがあり、日本本来の文字に近い表現ができます。
味のある文字を表現することができるので個性を表すことができます。
遠くからはやや細い文字の印象になり、読みにくく感じてしまいます。
落ち着いた雰囲気で日本風の印象を与えます。

代表的な二種類の書体についてご紹介しましたが、
ゴシック体は遠くから、明朝体は近くから看板を見るのに適しています。
屋上にLED看板を設置する時にはゴシック体を、
通行人にアピールしたい時は明朝体を選ぶなどの使い分けがおすすめです。

看板の種類を学ぼう!

特に人通りの多い都市部では、様々な種類の看板がひしめき合っています。
そんな中でも目立つLED看板にはどのような種類があるのでしょう。

・前面発光

文字の前面が発光するタイプです。文字を強調したい方におすすめです。
細かく難しい形のロゴも再現できます。

背面発光

文字の背面から発光するタイプです。ふんわりとした優しく穏やかな印象を与えます。
落ち着いた大人向けのお店におすすめです。

側面発光

文字の側面から発光するタイプです。スタイリッシュなイメージを与えます。
立体感があり、点灯時・消灯時ともに統一感のある表現が行なえます。

全面発光

文字の前面と側面から発光するタイプです。華麗な印象を与えます。
立体感のある光が存在感をアピールします。

・チューブタイプ

昔ながらのネオン管を再現したタイプです。ネオン管の折れやすさをLEDによって克服しました。
ガラスネオン管が禁止されている商業施設などにおすすめです。

・マーキータイプ

昔のアメリカを思いおこさせる懐かし雰囲気のタイプです。オーダーメイドで作れるので個性を表現できます。

まとめ

LED看板は、技術の進化によって数多くの色や文字のパターンに対応できるようになりました。
これらを様々に組み合わせて、注目を浴びる集客効果の高いLED看板を作りましょう。
こんなお店にしたい!こんなお客を呼び込みたい!というイメージがある方も、
どんな看板にしたらいいか分からないとお悩みの方も、ぜひお気軽にご相談ください。

201710.02

新時代のLED看板を作ろう!

Post by delight

白色電球タイプでは表現しにくかったデザイン性に優れた看板も、
LED看板の普及により比較的自由に表現できるようになりました。
最近では、LED看板が普及するにつれてそれまでの看板が目的とする不特定多数に対する広告から、
一歩進んだ新しい広告媒体として、LED看板の可能性に対する期待が高まってきています。

今回は、従来のLED看板とは異なる新時代のLED看板についての特集です。

新時代のLED看板とは

LED看板は、従来の看板と同様に販促物の一種です。
テレビコマーシャルのように不特定多数の人に商品やお店の情報を伝えて、
実際に行動してもらうこと(入店・購買等)が基本的な目的です。
しかし、スマホやSNSを使うことが一般的になっている現代社会では、
広告媒体の一種である看板の新しい表現方法を色々と試してみる良い機会なのかもしれません。
そんなスマホ時代に向けた新しいLED看板について考えてみましょう。

とにかく目立つ看板

多数の看板が溢れ返っている都市部では、とにかく目立つドハデな看板を作ってみるのも良いのでは。
「こんな看板は見たことがない」、「ドハデすぎて個性を感じる」といった看板は、
SNSを使って人に教えたいという気持ちになり、拡散されやすくなりま。
少し尖ったデザインの看板や、一目見ると忘れられないぐらいのインパクトを与えるような
個性あふれる看板を作ってみましょう。

楽しいと感じる看板

楽しい、嬉しいと感じるポジティブな印象を抱かせるような看板は、
人の記憶に残りやすく、口コミやSNSで拡散しやすくなります。
観光客が記念に撮影しやすいような、フォトジェニックなデザインにするのもおすすめです。

期間限定をアピールする看板

イベント期間限定で、顧客向けに店内にミニ看板を作るのも面白いかもしれません。
例えば、バレンタインデーにはハートや赤色を基調として、ハロウィンではカボチャやオレンジ色を、
クリスマスには赤色や緑色などでパーティ感をアピールする看板などです。
いつもと少し違う雰囲気の店内は、常連客ばかりでなく新規顧客を開拓するのにも役立ちます。
店外にイベント期間中であることを掲示したり、フォト撮影ができる場所を作ったりすると、
さらに顧客の興味を引くことができます。

LED看板の効果を上げるために

顧客や来場者にSNSで看板を拡散してほしい時には、
実際に行動に移しやすい動機づけをしてみるのも良いでしょう。
例えば、店頭にある看板を写真撮影してSNSに投稿したら、商品やサービスにおまけをつけるなどの方法です。
ホームページやSNSなどのオンライン以外にも、
店頭やチラシなどのオフラインでサービスをおこなっていることを知らせるとより幅広い方に知ってもらえる機会となることでしょう。

まとめ

インターネットが普及するにつれて、瞬時に様々な情報を入手できるようになりました。
特に都市部では様々な種類の看板が存在しているので、
従来のようなシンプルな看板では人々の記憶に残りにくくなってきました。
そんな中でも顧客や来場者と店舗がともにコミュニケーションをおこなえるような看板が、
これからの時代は求められているのかもしれません。

「こんなLED看板を作りたい」という方や、「どんなLED看板を作っていいのか分からない」という方まで、
LED看板についてのご相談等は、いつでもお気軽にご相談ください。
世界初の自動で見積価格を計算できるシステムも準備していますので、
市場価格から約30%のコストダウンを実現した価格を実感してみてください。
繊細なロゴから難しい形まで、最先端技術で対応いたします。
新時代のLEDを作りたいという皆様からのご連絡をお待ちしています。

201710.02

初めてのLED看板で失敗しやすいポイントとは?

Post by delight

注目を集めて集客を担う役割の看板ですが、
初めてLED看板を作りたい時に勢いだけで制作してしまっては、良い効果を得られずに失敗してしまうかもしれません。
今回は、初めてLED看板を作る時に注意するポイントについてご紹介します。

予算がオーバーしてしまった!

LED看板を作る時ある程度の価格を決めていたのに、実際に作った後に請求された価格を見て驚いてしまったということに。
これは、理想とする看板を目指し過ぎた時に起こってしまう失敗です。
なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか。

完成図が想像できていない

完成図とする看板が想像できていない時には、オーバースペックとなる時があります。
「シンプルな装飾を目指していたのに、実際は装飾過多になってしまった」という事例がこれに当てはまります。
業者を利用してLED看板を作る時には、事前の打ち合わせを密におこなって、
自分が目指すLED看板をしっかりと想像できるようにしましょう。

対象者がはっきりしていない

集客を見込んでいる対象者は誰でしょう。
通行人や来場者、ドライバー、専門的なサービスを受けたいと思っている方など、顧客の種類は多岐に渡っています。
近くを通る人には、正面から看板が見える方が良いですし、ドライバーであればある程度ド派手で目を引く看板が良いでしょう。
費用対効果をアップするためにも、対象者をしっかりと絞り込みましょう。

見積り内容が不透明

LED看板を作っている業者は、基本的に事前見積りをおこなっていることが大半です。
しかし業者によっては見積り内容が大ざっぱすぎることがあります。
例えば、制作から施工までに実際にかかる料金を計算せずに、看板自体の料金だけ記載している例などです。
基本的な本体価格の他に、製作費や工事費、送料や出張費が別途必要となることも。
初めてLED看板を作る時には、複数の業者で見積りをおこなってから、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

イメージと違う看板ができた!

LED看板は、お店の顔とも言うべきものです。
しかし、LED看板を設置したらお店や周囲の雰囲気と馴染まなかったということも。これはなぜ起こってしまうのでしょうか。
頭の中で考えている完成図が、本当に適切な完成図なのかを確認したい時には、
以下の点に注意することで想像に近い看板にすることができます。

サイズを確認

看板のサイズとともに文字のサイズも確認して、設置予定場所に本当に設置が可能かどうかを実際に確認しましょう。

デザインを確認

制作段階から、業者とともにデザイン案を練るようにしましょう。
設置デザインも確認すると、イメージと違ったということを減らすことができます。

素材を確認

LED看板は、使う素材によっても印象が異なります。
金属製なのか、自然なものか、簡易的なものか、耐久性に特化したものか、目的に応じた素材を選ぶようにしましょう。

納期に間に合わない!

もうオープンが迫っているのに看板の準備をすっかり忘れていた!
納期が目の前で焦り過ぎると、本来望んでいたLED看板とは異なるものを作ってしまう可能性があります。
LED看板を作るには、最短でも一週間程度の時間を必要とする業者が多いです。
もしこだわりのデザインがあり、その図面を作成する時にはさらに時間が必要になりますし、
設置や納品などで時間がとられる可能性もあります。なるべく、納期はゆとりをもっておこなうようにしましょう。

まとめ

実際にLED看板をつくる前に、完成図や設置場所を具体的に決めておくことが重要です。
価格が合わない時には、デザインや素材を見直したり、業者に相談したりするのも良いでしょう。
これ以外にも、予算やデザイン、納期にお困りなら、弊社にいつでもご相談ください。

201709.26

新登場!”DELIGHT MARQEE”

Post by s-yagi
 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちはー☆

今日は、心地よい秋晴れで非常に眠たいアサヅです。(笑)

そんな本日は、パリッと目が覚めるようなサインをご紹介いたします!!

こちら、新登場の ”DELIGHT MARQEE” です♥

非常にかわいいこちらのサイン。

お好きな文字や形でお作りすることができます。

※サイズによって出来る出来ないありますので、そのへんは応相談です!

ステンレスの内側に電球が仕込まれているので、それがワンポイントとなり、

これからのハロウィンやX’masの季節にぴったりですね!

みなさんのお問い合わせお待ちしております~^^

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

1 12 13 14 15 16 17 18 19 20 29