201809.21

落ち着いた大人の雰囲気を演出!

Post by s-yagi

みなさん!おはようございます!

LEDのブログの更新が初になる井上が本日は更新していきます!!

 

本日ご紹介する商品はこちら↓↓

 

BL(バックリット)です!!!

BLは落ち着いた大人の雰囲気を演出することができます!

 

施工事例はこんな感じ↓

 

店舗開発店舗開発
店舗装飾

 

どうですか?みなさん!

大人の雰囲気が出ていませんか??

 

また、文字背面からの溢れ出す光で文字の輪郭を強調させながらも、柔らかくふんわりとしたイメージを演出しています!

 

落ちついた大人の雰囲気の店舗にオススメです!

 

是非、BLを活用してお店を大人な雰囲気にしませんか?

 

気になった方は是非、株式会社ゼンシンまたはDELIGHT HPにお問い合わせください!

 

ゼンシンHP

http://www.zensin.jp/

DELIGHT HP

http://sugoikanban.com/

201809.18

側面発光(Side Lit)のご紹介

Post by s-yagi

本日、9/18は第3火曜日!

【知って良かった!DELIGHTお得情報!】をお届け致します☆

 

今までに、全発光タイプ簡単に・前面発光(Front Lit)・背面発光(Back Lit)をご紹介致しました。
まだご覧になっていない方は↓↓↓

全発光タイプ【https://sugoikanban.com/topics/2583.html
前面発光【https://sugoikanban.com/topics/2608.html
背面発光【https://sugoikanban.com/topics/2636.html

是非ご覧くださいませ!!!

 

それでは、本日の内容に入っていきましょう!!!

今回ご紹介する発光タイプは、、、

側面発光(Side Lit)

 
こちらの発光タイプは、2つに分けられます!
 
 
【 前面ステンレスタイプ 】
 
 
THE★側面発光はこちらのタイプです(^^)
前面のステンレスは、塗装をすることが出来ます。
 
上の写真は「ヘアライン」です。
ヘアラインは、個人的にかなりオススメです!!!!!
なぜなら、、、カッコイイ(`・ω・´)
どのタイプよりも、シュッ!! キリッ!! スマート!!  ←分かりにくい…(^^;)
 
また、テーパー(先細り)をつける事で、発光面が広がり、文字を強調させることが出来ます!!!
これは、他のタイプではできない事!!!
 
少し細かいところまでご紹介すると、
・ステンレスの厚み:1㎜
・LED内蔵部分の厚み:10㎜以上 (15㎜推奨)
 
※上記の部分は光りません!!!
 
 
【 前面アクリルタイプ 】
 
 
側面発光なのですが、サインの根元(壁側)が光っているので、「根元発光」と呼ぶこともあります。
 
パッと見た感じは、背面発光と同じような光り方をしています。
こちらのタイプ、前回ご紹介した「背面発光(Back Lit)」の欠点を全て克服しています!!!
 
背面発光の欠点 → 「ピンが見えてしまう」「再現性が低い」
 
側面発光は全てアクリルなので、ピンはありません!!!
また、テーパー(先細り)をつけることが出来るので、細かい再現も可能!!!
 
 
↑ テーパーはこんな感じです。 ((ピントが合っていなくて、すみません…(/_;)
 
 
前面のアクリルは、10㎜以上!
それさえ守って頂ければ、発光部分は自由!!
 
発光部分を、、、
 
大きくするか ↓↓↓
 
 
 
小さくするか ↓↓↓
 
 
あなた次第です!!!!!!(笑)
 
背面発光のような光り方をご希望の場合、発光部分は小さめをオススメ致します(^^)
 
 
以上で、側面発光(Side Lit)のご紹介を終わります!!!
あなたは、前面ステンレス・前面アクリル(発光部分大きめ)・前面アクリル(発光部分小さめ)
どれがお好みでしたか???
 
ご質問等ございましたらお気軽にご連絡くださいませ。
心よりお待ちしております(*_ _)
 
次回は、全面発光(All Lit)のご紹介です!!!
こちらのタイプは、とにかく目立つ!!!!!! 存在感抜群!!!
また、ネオンチューブ風も再現可能となっております!!
 
お楽しみ( *´艸`)
201809.14

遊び心を演出!!

Post by s-yagi

こんにちは〜

 

今回紹介するのはTUBEです!

このTUBE、遊び心を存分に演出できるんです!

施工事例がこちら↓↓

LEDネオン
LEDネオン
LEDネオン

上記の施工事例のようにTUBEは

手書き感のある温かみを表現することができます!

ネオン管の強い光を武器に

細い線でも十分に目立つ看板やロゴを作ることができます!!!

 

また、TUBEは切れない割れないので安心です◎

 

気になる方は是非お試しください!

 

お問い合わせはゼンシンHPまたはDELIGHTのHP

ゼンシンHP  http://www.zensin.jp/

DELIGHTのHP  http://sugoikanban.com/

201809.07

文字を強調した方に!!

Post by s-yagi

こんにちは!

インターン生の門木です!

 

今日はFL(フロントリット)を紹介します!

こちらのFL、光のインパクトが大きいので文字を強調したい方にオススメです!

 

施工事例がこちら↓↓

前面発光

 

前面発光

 どうですか?

暗い場所ではもちろん、

明るい場所でも文字が光っているのがはっきりわかりますよね!

 

このFLの光ならお客様の目を引けること間違いなしです!

気になる方は是非お試しください!

 

お問い合わせはゼンシンHPDELIGHTのHPまで!

201809.04

背面発光(Back Lit)のご紹介

Post by s-yagi

本日、9/4は第1火曜日!

【知って良かった!DELIGHTお得情報!】をお届け致します☆

 

2回に亘ってLEDサインの仕様についてご紹介して参りました。

■第1回「これを見れば発光タイプが全て分かる」
https://sugoikanban.com/topics/2583.html】

■第2回「前面発光(Front Lit)」
https://sugoikanban.com/topics/2608.html】

 

今回、ご紹介する発光タイプは、、、

背面発光(Back Lit)

LEDサイン 背面発光 Back Lit BL DELIGHT
 
背面発光は1タイプのみ!!!
前面発光のように複雑ではないので、ご安心ください(*_ _)笑
 
 
LEDサイン 背面発光 Back Lit BL DELIGHT
 
背面発光は、壁面を柔らかい光で照らすことで、文字と壁面の両方を演出します。
文字の輪郭を強調しつつ、ふんわりと柔らかい印象を与えることができます。
落ち着いた大人な雰囲気を演出したい方にオススメ!!!
 
 
いいところだけではなく、背面発光の欠点もお伝えしておきます、、、
 
①サインを見る角度によって、ピンが見えてしまう…
 
LEDサイン 背面発光 Back Lit BL DELIGHT
 
背面発光の利点である柔らかい光を実現させるために、文字の後ろにピンを立てています。
正面から見るとピンは見えないのですが、サインを下から見上げるとピンが丸見え…
私は、少し気になってしまいます…
 
 
②再現性が低い
 
LEDサイン 背面発光 Back Lit BL DELIGHT
 
その理由として、、
 
・「ステンレス製」の文字
・中に入れるLEDが「12㎜」
 
ステンレスはテーパー(先細り)をつけることができません。
それに加え、LEDが最小で12㎜。
この2つの理由で他の発光タイプと比べると再現性が低くなってしまうのです…
最小のサインは、上の写真のサインくらいになります。ご参照くださいませ。
 
 
欠点をお伝え致しましたが、背面発光のファンは多い!!!!!
ここまで柔らかい光り方をするタイプはありませんからね!!!
 
以上で背面発光の説明は終了です!!
背面発光についてご理解頂けましたでしょうか?
ご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください!!!
 
次回は、側面発光(Side Lit)のご紹介です!!!
こちらのタイプは、背面発光の欠点を全て克服!!!!!
とても魅力的な発光タイプです(^^)
 
お楽しみにっ☆
1 2 3 4 5 6 7 8 30