201901.04

集客アップに繋げよう!LED看板の豆知識

Post by delight

LED看板は、ただ作っただけで集客に繋がるというわけではありません。
新しくLED看板を作ったけれど、効果を今一つ実感できないという方は、
抑えるべきポイントがずれているのかもしれません。
今回は、集客アップに繋げるために必要なLED看板の知識についてご紹介します。

知っておくべきLED看板の知識とは

知っておきたいLED看板のキーワードは、「デザイン」、「明るさ」、「設置場所」です。
それぞれについて詳しく確認していきましょう。

デザインを見直そう

一般的には、屋外にあるLED看板は30~120m程度離れた場所にいる
動いている方々が見るものとして計画が立てられることが多く、
そのため、できるだけ分かりやすい単純なデザインが求められます。
パッと見て一瞬で理解できる看板が良いということです。

すでに一般的に認知されている大手チェーン店のようなロゴは、
複雑なデザインですが、一瞬で判断ができるので集客効果が見込めます。
しかし、ただかっこいいという理由で複雑なデザインのLED看板を作ろうとしている時には、
「本当に一瞬で分かる看板なのか?」を再度確認した方が良いでしょう。

明るさを知ろう

昼夜問わず、曇りや雨の日でも活躍するのがLED看板です。
一般的に必要な明るさは、看板が中型である程度の距離であれば
80~150W(ワット)・1160~2400lm(ルーメン)以上が良いでしょう。
小型の看板であれば、数十W・170~485lm以上で問題ありませんし、
看板が大きくて距離が遠いものであれば数百W・3330lm以上が求められています。

LED看板にどのぐらいの明るさが必要かを確認して、効果的な看板に利用していきましょう。

設置場所の確認を忘れずに

屋外型の看板については、設置する地域や場所によって条例やガイドラインで制限されていることがあります。
基本的には国土交通省による「屋外広告物条例ガイドライン」が規制の基準を定めていますが、
各地方公共団体で実際の条例・規則を独自に定めています。

これらの内容を遵守していないということは、違法設置になるばかりか、
周囲の人々に迷惑だという印象を与えてしまいます。
そんなことになると、そもそも看板を設置する目的が果たせないのではないでしょうか。
悪目立ちするのを避けるために、設置場所の情報については事前にしっかりと確認するようにしましょう。

分からない時は専門家に頼ろう

LED看板を作る時には、上記のような情報を知っておくことをおすすめしますが、
面倒くさい・難しいと感じる方は、専門家に頼るのも良いでしょう。
LED看板を作った実績が豊富にある会社を選ぶようにすると、設置場所や看板の内容について
おすすめの内容を提案してもらえるので作業がはかどります。

弊社では、国内外を問わず様々な店舗や企業様を顧客にしています。
グローバルな商品展開により、他社に比べて約30%のコストダウンを実現。
オープンまでの日数が短い時でも、最短5営業日の納品が可能です。

どんなLED看板にしたらいいか迷っている方には、取り付け場所や看板に求める役割や目的などを参考に、
オススメの発光タイプを弊社担当者よりご案内いたします。
世界中に豊富な製作実績があるので、イメージを確認するための参考写真も
合わせてご紹介できるので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

こだわりのデザイン・ロゴがあるけど他社で再現できないと言われた方は、
先端500ミクロンという細さを実現した弊社の最先端技術におまかせください。
無料お見積りや無料資料請求の他に、サンプルボックスも無料で貸出していますので、
ご都合に合わせてお気軽にご利用ください。

201812.18

光る壁?!?!【FAV(ファブ)】

Post by s-yagi

本日、12/4は第1火曜日!

【知って良かった!DELIGHTお得情報!】をお届け致します☆

 

今回は、『ビジュアル交換可能!光る壁面』をご紹介致します!

【FAV(ファブ)】

 
 

内照式のFAVシステム。
内面から光輝きビジュアルにインパクトを与え、大きな壁面も色鮮やかに演出します。

 

それでは、仕様説明をさせて頂きます!!!

 

グラフィックは布製一枚もの!!!
その為、継ぎ目は一切ありません!!!
また、ハリがあるので、シワは目立ちません!!!
グラフィック交換可能なので、季節やシーンに合わせて替えられます☆

交換方法は ↓ ↓ ↓

 
下につまみがあるので、それを… ↓ ↓ ↓
 
 
ピッと引っ張るだけ!!!
 
 
グラフィックを付けるときは… ↓ ↓ ↓
 
 
フレームのサッシに入れるだけで!!!
先に角を入れて、上から指でなぞれば、あっという間に付け替え完了☆
 
 
ちなみに、中は… ↓ ↓ ↓
 
 
LEDが入っています!!!
1つ1つの光量が多いため、少ないLEDでもしっかり光ります!!!
 
 
寸法は、1㎜単位でオーダーメイド可能☆
お客様のご希望通りに壁一面を光らせることが出来ます!!!
 
今回のアップしている写真はW730*H520の小さなものですが、
【 W7300*H2400 】大型FAVを納品させて頂いたこともあります!!!!!!!
 
壁一面が光る過去になかった画期的なFAV☆
是非、店舗開発にご活用くださいませ!!!
201812.04

お店の前を通る人の足が止まる!?!?

Post by s-yagi

本日、12/4は第1火曜日!

【知って良かった!DELIGHTお得情報!】をお届け致します☆

 

今回は、飲食店のメニュー表によく使われる商品をご紹介致します!

LEDパネル【LAMD(ラムダ)】

 
展示会・店頭メニューなどのディスプレイに最適なLEDパネル。
すっきりとしたスリムなフレームはビジュアルを引き立たせると共に訴求力も抜群!!!
グラフィックも誰でも簡単に交換可能
設置場所を選ばないため、様々なシーンでご利用頂けます!!
 
それでは、仕様説明をさせて頂けます ↓ ↓ ↓
 
 
 
4辺のフレームが、、、 ↓ ↓ ↓
 
 
 
パカッ!!! と簡単に開きます☆
 
 
 
手前から、【アクリル・グラフィック・本体】
上辺に穴が開いていますよね。
ビスで固定させる為の穴になっています。
この場合、右辺にはLEDが入っている為、穴を開けることは出来ません。
(LED内蔵部分は納品時にお知らせさせて頂きます。)
 
 
 
グラフィックを外すとこのようになっています。
独自のドット光源を利用した導光板は、従来品と比較すると、輝きに圧倒的な差をもたらします!
何よりも美しく輝きます!!!
 
 
LAMD(ラムダ)は、A6~A0の規格サイズはもちろんのこと、
お客様のニーズに応じて、様々なサイズ・形状でお作り致します!
1枚からのオーダーメイドも可能となっております!
 
今回ご紹介しているLEDパネルは屋内仕様ですが、屋外仕様も取り扱っております。
店頭看板などにご利用頂くために、屋内用・屋外用にそれぞれ特化した機能を装備致しました。
 
詳しくは ↓ ↓ ↓
mail【info@zensin.jp】
TEL【075-748-6039】  までご連絡くださいませ。
 
LEDパネル【LAMD(ラムダ)】を使って、更なるご盛栄を心よりお祈り申し上げます!!!
201811.20

展示会用サインはこのタイプ!

Post by s-yagi

本日、11/20は第3火曜日!

【知って良かった!DELIGHTお得情報!】をお届け致します☆

 

7月から始まったこの定期コラム。
前回でDELIGHTの発光タイプ紹介の全てが終了!

、、、と思われたかもしれませんが、実は、まだあります!!!!!

それが今回ご紹介するこちらのタイプ!!!

ファブレタータイプ

 
こちらのタイプは、展示会用のLEDサインです!!!
 
詳しく説明させて頂きます ↓ ↓ ↓
 
まず、どうして展示会用なのかと言いますと、、、
 
 
パカッ…!!!
 
 
 
中が空洞になっているので、今まで紹介したタイプの中で最も軽い!!!!!!!
サインのサイズにもよるのですが、3㎜のアクリルを曲げて作製します。
 
今回アップしている写真は真っ白ですが、前面にシートを貼ることもできます。
(※側面は貼れません)
 
正面と側面がアクリルなので、発光面がとても広いことも、展示会用サインの理由の一つ。
東京ビッグサイトなどの大きな展示会場で、他社様よりも目立たせることが出来ます☆
 
 
これだけ明るく光ってれば、どこから見ても、会社名や商品名が一目で分かります(^^)v
 
 
取り付け方法は、LEDライトが付いている裏面をビスで壁に固定します。
裏面はPVC(ポリ塩化ビニル)という素材でできています。
 
次に、LEDライトが付いている裏面と箱型のアクリルを固定します。
↓↓↓
アクリルの側面に穴が空いています。
 
付属のビスで固定します。
 
あとは、配線をまとめ、電源に繋げばOK!!!
簡単ですね☆☆☆
 
展示会の施工は時間との勝負と言っても過言ではありません!!!!!!
作業量は少なく!!時間は短く!!
 
このサインを使えば、、、
施工業者様 → 施工時間の短縮ができ、次の現場へ向かえるかもしれません!
展示会出展者様 → どこの企業様よりも目立たせ、過去最高の集客ができるかもしれません!
 
ご不明点等ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ(*_ _)
201811.06

ネオンチューブタイプのご紹介

Post by s-yagi

本日、11/6は第1火曜日!

【知って良かった!DELIGHTお得情報!】をお届け致します☆

 

今まで、6回に亘って発光タイプをご紹介致しました。
まだご覧になっていない方は↓↓↓

全ての発光タイプhttps://sugoikanban.com/topics/2583.html
正面発光https://sugoikanban.com/topics/2608.html
背面発光https://sugoikanban.com/topics/2636.html
側面発光https://sugoikanban.com/topics/2644.html
全面発光【https://sugoikanban.com/topics/2671.html
全面発光(ネオンチューブ風)【
https://sugoikanban.com/topics/2697.html

是非ご覧くださいませ!!!

 

それでは、本日の内容に入っていきましょう!!!

今回、ご紹介する発光タイプは、、、

ネオンチューブタイプ

 
今までご紹介してきたチャンネル文字とは異なり、塩ビのチューブで作製しております。
 
従来のネオン管の欠点をすべて克服!!!!!!!!
 
  ネオン管 ネオンチューブ
温度 熱い 熱くならない
硬さ 硬い 柔らかい
強度 割れやすい 割れない
寿命 短い 長い
取り付け 難しい 簡単

ネオンチューブの方が安全利点が多いですね☆

 

それでは、仕様のご説明をさせて頂きます!!

【チューブの線幅】

15㎜のみとなっております。
その為、筆記体のようなフォントの場合は、線幅が均一になってしまいます。
( 下の画像をご参照くださいませ ↓ ↓ ↓ )

 
 

【寸法】

再現可能な最小の文字サイズは、H100㎜
ネオンチューブは職人さんが手作業で曲げている為、限界があるのです、、、

最大寸法は、1200㎜×2400㎜程度
こちらは、チューブではなく、背面に付くアクリルベースの最大寸法となります。
1200×2400より大きくなる場合は、アクリルベースを2枚繋げさせて頂きます。

 

【色】

15色の中からお選び頂けます!!!

白チューブ+カラーLED → ふんわりパステル系
カラーチューブ+白LED → くっきりはっきりビビッド系

点灯時・消灯時で見え方が変わるので、お好みの色をお選び下さい!!!

※どの色でも価格は同じです。

 

【事例写真】

 
 
 
 
壁に直付けでも、上から吊るしてもOK☆
設置場所やシーンに合わせて自由自在!
 
 

【ネオンチューブ仕様書】

↑これを見れば全てが分かります(^^)
 
 
ネオンチューブの説明はここまで!!!
今までご紹介してきたチャンネル文字と比べると、かなりお手頃価格となっておりますので、
是非一度、お見積りを出させてください!!!!!
きっと、価格面・品質面・仕様面、全てにおいてご満足頂けると思います!!!
 
DELIGHTが取り扱う発光タイプ説明は、全て終わりました!!
初めてサイン作製をお考えの方は、まだまだ分からない事もあるかと思いますので、
いつでもお気軽にご連絡くださいませ。
 
>>>tel: 075-748-6039
>>>mail: info@zensin.jp
 
引き続きDELIGHTを宜しくお願い致します(*_ _)ペコリ
1 2 3 4 5 6 30