201809.18

側面発光(Side Lit)のご紹介

Post by s-yagi

本日、9/18は第3火曜日!

【知って良かった!DELIGHTお得情報!】をお届け致します☆

 

今までに、全発光タイプ簡単に・前面発光(Front Lit)・背面発光(Back Lit)をご紹介致しました。
まだご覧になっていない方は↓↓↓

全発光タイプ【https://sugoikanban.com/topics/2583.html
前面発光【https://sugoikanban.com/topics/2608.html
背面発光【https://sugoikanban.com/topics/2636.html

是非ご覧くださいませ!!!

 

それでは、本日の内容に入っていきましょう!!!

今回ご紹介する発光タイプは、、、

側面発光(Side Lit)

 
こちらの発光タイプは、2つに分けられます!
 
 
【 前面ステンレスタイプ 】
 
 
THE★側面発光はこちらのタイプです(^^)
前面のステンレスは、塗装をすることが出来ます。
 
上の写真は「ヘアライン」です。
ヘアラインは、個人的にかなりオススメです!!!!!
なぜなら、、、カッコイイ(`・ω・´)
どのタイプよりも、シュッ!! キリッ!! スマート!!  ←分かりにくい…(^^;)
 
また、テーパー(先細り)をつける事で、発光面が広がり、文字を強調させることが出来ます!!!
これは、他のタイプではできない事!!!
 
少し細かいところまでご紹介すると、
・ステンレスの厚み:1㎜
・LED内蔵部分の厚み:10㎜以上 (15㎜推奨)
 
※上記の部分は光りません!!!
 
 
【 前面アクリルタイプ 】
 
 
側面発光なのですが、サインの根元(壁側)が光っているので、「根元発光」と呼ぶこともあります。
 
パッと見た感じは、背面発光と同じような光り方をしています。
こちらのタイプ、前回ご紹介した「背面発光(Back Lit)」の欠点を全て克服しています!!!
 
背面発光の欠点 → 「ピンが見えてしまう」「再現性が低い」
 
側面発光は全てアクリルなので、ピンはありません!!!
また、テーパー(先細り)をつけることが出来るので、細かい再現も可能!!!
 
 
↑ テーパーはこんな感じです。 ((ピントが合っていなくて、すみません…(/_;)
 
 
前面のアクリルは、10㎜以上!
それさえ守って頂ければ、発光部分は自由!!
 
発光部分を、、、
 
大きくするか ↓↓↓
 
 
 
小さくするか ↓↓↓
 
 
あなた次第です!!!!!!(笑)
 
背面発光のような光り方をご希望の場合、発光部分は小さめをオススメ致します(^^)
 
 
以上で、側面発光(Side Lit)のご紹介を終わります!!!
あなたは、前面ステンレス・前面アクリル(発光部分大きめ)・前面アクリル(発光部分小さめ)
どれがお好みでしたか???
 
ご質問等ございましたらお気軽にご連絡くださいませ。
心よりお待ちしております(*_ _)
 
次回は、全面発光(All Lit)のご紹介です!!!
こちらのタイプは、とにかく目立つ!!!!!! 存在感抜群!!!
また、ネオンチューブ風も再現可能となっております!!
 
お楽しみ( *´艸`)