201604.27

チャンネル文字を使ったLED看板とは?

Post by s-yagi
LEDチャンネル文字_事例

LED看板によく用いられる文字に、チャンネル文字があります。
「そもそもチャンネル文字ってどういうもの?」
「チャンネル文字にはどういった特徴があるの?」、
「チャンネル文字を使うとLED看板にどういうメリットがあるの?」
というように、今回は気になるチャンネル文字とLED看板についてのお話です。

チャンネル文字の特徴は?

チャンネル文字の特徴

チャンネル文字とは、厚みのある文字のことで、別名「立体文字」「箱文字」とも呼ばれます。
使用できる材質には、ステンレス、亜鉛、銅、真鍮などがあり、金属特有の高級感を演出できます。
優れた耐食性と強度もあるので、屋内外の看板に幅広く利用されます。
存在感や重厚感の他、安心感や信頼感を印象付ける文字として人気です。

チャンネル文字を使ったLED看板とは?

チャンネル文字を使ったLED看板とは

チャンネル文字の内側にLED照明を組み込んで点灯させることで夜間の視認性が上がり、目立たせることができます。
素材によってはLED照明が透過して、文字そのものを光らせることもできます。
弊社Delightで制作しているLED看板は、品質の高さが自慢です。その一部をご紹介します。

・前面発光(FL:front lit)

チャンネル文字正面発光

正面が光るタイプの最もベーシックなデザインです。
インパクトが大きく視認性の高いタイプなので、店舗の看板をはっきりと強調したい時におすすめです。
側面をアクリルやステンレス、塗料などで覆うことで目的とする色を作り出します。
最先端のコンピューター技術を用いてわずか500ミクロンの光線を実現しました。
他者ではできない複雑で細かい模様を再現することができるのが大きな特徴です。

・側面発光(SL:side lit)

チャンネル文字側面発光

正面をステンレスや塗料で覆うことで、側面が光るタイプのデザインです。
浮かび上がるような立体感がスタイリッシュな印象を与えます。
点灯時、消灯時に関わらず、統一感のある印象を与えるため、ブランドイメージの確立に最適です。
造形美の美しさが人気の看板で、一流ホテルやエレガントな雰囲気の店舗におすすめです。

・背面発光(BL:Back lit)

チャンネル文字背面発光

背面が光るタイプのデザインです。壁面側に光を照射するので、間接照明のような印象を与えます。
文字の輪郭がぼんやりと浮き出ているので、柔らかで落ち着きのある雰囲気を醸し出します。
さらにエッジやメッキ、塗装などの加工をほどこすことで、
大人が集まるBarや隠れ家的なお店の雰囲気に近づけることもできます。

・全面発光(AL:all lit)

チャンネル文字全面発光

文字の前面と側面から発光するタイプです。光量を多くすることで、華やかなイメージになります。
正面をシート貼りにしてLED発光を色つきにするなど、オリジナリティのある独特のデザインを作ることができます。
立体感を感じるデザインが特徴で、LED+アクリル削り出しで仕上げたネオン風デザインが人気です。

チャンネル文字のLED看板はどこで購入できる?

チャンネル文字のLED看板はどこで購入できる

チャンネル文字を使ったLED看板をお探しなら、ぜひ弊社Delightへお任せください。
世界各国のトップブランドで愛用されている最高品質のクオリティで、ご希望の看板を実現いたします。
数多くの実績がありますので、ロゴデータがない場合でも、弊社のLEDコンシェルジュやサインデザイナーとの入念な打ち合わせにより、
豊富なデザインから最適なサインをご提案いたします。
グローバル展開をしている企業ならではの、市場価格から3割減という圧倒的なコストダウンと実現しています。
お電話やメールを使ったお見積り以外にも、豊富な実績をもつ弊社ならではの世界初の自動見積りシステムも24時間いつでもご利用いただけます。
その他資料請求・図面作成・サンプル貸出まで、すべて無料でおこなえますので、ぜひお気軽にお声かけください。

お問い合わせはこちら